Life Wisdom

Trigger株式会社が運営する当ブログでは、転職や給料など仕事について・

お金について・人間関係についてなど​生活に役立つ情報をお伝えしております。

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

[サラリーマン]年収をあげるために転職をするべきか?なんと70%の確率で…

[サラリーマン]年収をあげるために転職をするべきか?


 

今の給与に不満を感じた時、転職をすることで給与をあげられるのか?

転職に関するアンケート調査から判明した《転職活動のリアル》をご紹介します。

 





目次

  • 終身雇用の終焉

  • 転職はした方が良い?統計からみる答え

  • 30%は年収がさがった…?

  • まとめ




終身雇用の終焉

皆さんもご存知の通り、


企業が推し進めていた


『終身雇用』は限界を迎えており、


終身雇用制度の崩壊について


巷で囁かれています。


それを表すかのように、


総務省統計局が2016年に出した


『労働力調査』によると、


日本の年間転職者数は


2010年:283万人

2011年:284万人

2012年:285万人

2013年:286万人

2014年:290万人

2015年:298万人

2016年:306万人


と近年は右肩上がりに


上昇を続けています。


2018年の転職率は


4.9%となっています。


つまり、およそ20人に1人の割合で


転職をするということですね。


このように、今や転職をすることは


『当たり前』の状況であり、


ビジネスパーソンにとって


給与の不安を解消するために


転職という手を取ることは


日常的に起こっているのです。


それでは、実際どれくらいの人が


転職をして給与があがっているのでしょうか?


それについて解説していきます。




転職はした方が良い?統計からみる答え

結論から言うと、統計をみる限り


『不満があるなら転職すべき』


であると言う答えが見えてきます。


というのも、厚生労働省が

毎年発表している


『雇用動向調査結果』


という資料の中にある


《転職入職者の賃金変動状況(平成30年)》


をみてみると、


転職をした人たちのうち


30%は

給与が「変わらない」


更に40%もの人が

年収が「あがった」


と答えているのです。


合計すると70%ということになります。


つまり、今の会社に不満があるなら、


転職をすることによって


年収アップを図ることが


できるということです。


働く会社を変えるということは、


人間関係も待遇も


変わるということですから、


今の会社に不満があるのなら


転職をすると、新たな環境が手に入り、


しかも年収が上がるチャンス


あるということになります。




30%は年収がさがった…?

また、このデータでは