Life Wisdom

Trigger株式会社が運営する当ブログでは、転職や給料など仕事について・

お金について・人間関係についてなど​生活に役立つ情報をお伝えしております。

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

上司に私生活の悩みを話すべきか判断する5つの基準

上司に私生活の悩みを相談すべきか判断する5つの基準

 

数十年前に当たり前だった『終身雇用』の制度が崩壊し、個人と会社との関係に大きな変化が訪れている現代。

あなたの個人的な悩みやトラブルを上司に話すべきかどうか、悩む機会も多くなってきてるのではないでしょうか?

今回の記事では、上司にあなたの個人的な悩みを話すべきか判断する5つの基準についてご紹介します。

 




目次

  • 私生活の問題が仕事に与える影響

  • オーバーシェアによる弊害

  • 判断基準となる5つの質問

  • 会社に求める対応

  • 上司にできること

  • 自分の仕事に与える影響

  • 上司との関係は良好か?

  • 個人的な問題をどこまで伝えるべきか?

  • まとめ




私生活の問題が仕事に与える影響

「婚約者と破談した」


「大切な人との死別があった」


病気やケガに関する問題に悩まされてる」


など、会社には直接関係ないものの、


仕事に影響が出るほどの


精神的ダメージや物理的に困難な状況に


陥ることは少なくないでしょう。


このような状況に陥ったとき、


上司に相談すべきでしょうか?


またどのタイミングで


相談するのがベストなのでしょうか?


この記事では、それについての


最適解をご紹介させていただきます。




オーバーシェアによる弊害

本来なら相談しなくて済むことを


上司に相談してしまうと、


オーバーシェアとなり


上司からの信頼を失うことに


繋がる危険性があります。


そのことが直接的に評価を


下げるわけではありませんが、


あまりにも個人的な悩みを


打ち明けすぎるのも


よくないように思いますよね。


しかし一方で、私生活の問題が原因となり


仕事を休みたいと考えていたり、


作業量を減らしたり、


勤務時間に変更を加えたり、


任されていた仕事の期日を


伸ばしてほしかったりする場合は


原因をしっかり伝えることで


上司から有用なアドバイス


もらえることもあります。


では、どのような問題なら


いつ、どのように伝えるべきなのか。


意思決定に関するコーチングを行う


Nell Wulfhartさんは、the Museの記事で


このような問題に直面した時、


上司に相談する前に


5つの質問を自身に


投げかけるよう提案しています。


あなたの問題を上司に伝えるべきか


次の質問に対する回答を参考に


判断しましょう。




判断基準となる5つの質問

上司に個人的な問題を


打ち明けるべきか迷ったら、


次の5つの質問を


自問してみましょう。


  1. 問題について会社ができることは?

  2. 問題について上司ができることは?

  3. 問題はあなたの仕事に影響を与える?

  4. 上司との関係は良好か?

  5. どこまで話すべきか?


それぞれについて具体的に


解説していきます。




会社に求める対応

まず1つ目の質問は


「この問題について、会社ができること(あなたが会社に求めること)は何か?」


という質問です。


例えば、


・今日だけ早退させてほしい

・しばらくの間、柔軟な対応をしてほしい