Life Wisdom

Trigger株式会社が運営する当ブログでは、転職や給料など仕事について・

お金について・人間関係についてなど​生活に役立つ情報をお伝えしております。

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

転職前にブラック企業を見極める方法【面接編】

転職前にブラック企業を見極める方法【面接編】

言葉巧みにあなたを騙し、地獄に続く門へ誘うブラック企業。

前回の記事では『求人票編』として、求人票の時点でブラック企業を見極める方法についてご紹介しましたが、今回は『面接編』になります。

もし、求人票でブラック企業だと気づかなかったとしても、面接で《正しい質問》をぶつけることで、化けの皮を剥がすことができます。


関連記事:

転職前にブラック企業を見極める方法【求人票編】





目次

  • 働く前に会社と接点を持てるのが面接!

  • 面接は相手を査定する時間!

  • 面接ではあなたが質問をぶつける!

  • 就業時間や残業について

  • 好条件に惑わされないための質問術

  • 弊社の場合…

  • まとめ




働く前に会社と接点をもてるのが面接!

転職は、あなたの人生にとって決して小さくない決断の1つだと思います。


転職活動は大変ですし、人によっては転職後その会社で10年・20年と働く可能性だってあります。


ですが、実際に働き始めるまで転職先の会社のことを知れる機会というのは多くはありません。


求人票は文字ばかり、ホームページやSNSにも情報が少ない。


そんな中、『面接』というのは働く前に職場環境や企業について深く知ることができる数少ない最大の機会だと言えます。


あなたがブラック企業に転職してしまわないよう、この面接で転職先がブラック企業じゃないかどうかを見極めていきましょう。




面接は相手を査定する時間!

一般的には面接官と応募者では、なぜか面接官の方が応募者より『立場が上』だという認識がありますよね。


相手から厳しく査定されているような気分になり、緊張もあって視点が狭くなりがち。


ですが面接というのは、『企業が応募者を採用するかどうかを見定める時間』でもありますが、『応募者が企業に転職するかを見定める時間』でもあると思うんです。


特に、中小零細企業に限っては『1人の求職者に3つ求人がある』と言われ、圧倒的に求職者側にアドバンテージがある状況が続いています。


『面接は自分自身も相手の企業を査定している』


というマインドでのぞむと、冷静に判断することができるでしょう。


特に、面接会場が会社の場合、窓口のスタッフの対応やすれ違う社員の雰囲気など、判断材料を集められる貴重な機会になります。


その辺りからも情報収拾をし、その企業がブラック企業じゃないか、自分が働いて今より生活が豊かになるのかを考えていきましょう!




面接ではあなたが質問をぶつける!

前述の通り、特に転職の際の面接というのは『あなたが企業を査定する時間でもある』のです。


そして、面接は働く前に実際にその企業で働いてる人と会って話せる唯一の時間。


この面接時に、あなたがその会社に転職すべきかを判断するための『正しい質問』をしなければいけません。


「働き始めたら、面接時に聞いてた話と全く違った」


というのは、転職で失敗してしまった人たちが口々に発する言葉。


このような状態にならないためにも、そして面接時にブラック企業か否かを見極めるためにも、正しい質問を企業にぶつけましょう。


では、どのような質問をすべきなのでしょうか?


それについてお話ししたいと思います。




就業時間や残業時間について

まず、転職を後悔してしまう最大の原因としてあげられるのが


「聞いていた勤務時間と全く違った」


「サービス残業が多すぎる」


「有給なんてとれる雰囲気じゃないし実質とれない」


ということではないでしょうか?


これらは全て『働く時間』についての項目です。


例えば、ブラック企業の中には残業がほとんどない部署も含めて平均的な労働時間を割り出し、それを求人票や面接時に伝えているような企業もあります。


また、以前の記事でもお伝えしたようにブラック企業は『曖昧な表現』を多用して自分たちの悪い部分をみせないよう言葉巧みにあなたを騙そうとしてきます。


そこで、働いてからギャップが生まれないよう、正しい情報を聞き出すための質問をする必要があります。


例えば、


  • 私が配属される部門で働く方は、月にどれくらい残業をしていますか?

  • 定時にお帰りになる方はどれくらいですか?

  • 有給休暇の取得率は何パーセントですか?


というような具体的な数字を引き出すための質問を投げかけてみましょう。


これに対して企業側が、「自主的に残業をしてるメンバーがいる」「人によって違う」など曖昧な返答をしたら注意してください。