Life Wisdom

Trigger株式会社が運営する当ブログでは、転職や給料など仕事について・

お金について・人間関係についてなど​生活に役立つ情報をお伝えしております。

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

仕事・職場で大人のイジメにあった時の対処方法(後半)


 

この記事は、前回の記事の続きになります。

まずは『ページ1』をご覧ください。

 

仕事・職場でイジメにあった時の対処方法(後半)




それでは、職場イジメにあった時の


対処方法について


解説していきたいと思います。


関連記事:

仕事・職場で大人のイジメにあった時の対処方法(前半)




大人のイジメに対する4つの対処

もし、あなたが職場で


大人のイジメに遭遇してしまったら、


次の4つの対処が考えられます。


  1. イジメてくる人と距離を置く

  2. やられっぱなしをやめる

  3. 正式な警告を行なう

  4. あなたの権利を行使する


1と2は【軽度な対処】、


3、4は【重度な対処】


として分類されます。


軽度な対処は、比較的すぐできて


あなたも相手も大きな代償を


払うことなくできる対処です。


まずはこちらからはじめ、


それでも相手がイジメをやめない場合


3→4と強化していきましょう。




相手から距離を置く

まずはじめにできる対処としては


『相手から距離を置く』


という一般的な対処方法が考えられます。


子供の頃はできることが少なくても、


大人になった今なら


環境をコントロールできる範囲


広がっていることが考えられます。


相手とモメることを望まないなら、


Gilさんがすすめる


『回避戦略』を取りましょう。


回避戦略はとてもシンプルです。

SNSでプライバシー設定をした上で、あなたは1人でないことを確認する方法や、追い詰められた時の逃走プランを考えておく方法などがあります。

受け身のアプローチは最善の策とは言えないかもしれませんが、イジメに直接対抗することができない人にとっては、それが唯一の対策になるでしょう。


人事異動までいかずとも、


職場のデスクを離すことや


持ち場の変更などできるかもしれません。


とにかく、


「戦わなければ負けることもない」


という精神で、相手から


離れられるチャンスはないか


考えてみましょう。




やられっぱなしをやめる

次に考えられる対処方法は、


『弱者であることをやめる』


ということです。


「やられたらやり返す」


ではありませんが、


やられっぱなしでいると


相手は一層つけあがり、


イジメがエスカレートする


危険性があります。


前のページでもお伝えしたように、


イジメっ子は自分より立場の弱い相手


いじめることで、自分の力を


確認・誇示したいという


欲求を満たしています。


Gil氏は次のように言っています。


いじめっ子は、「背が低い」「太っている」「ブサイクな」相手を狙います。

彼らは、自分がもっともコンプレックスを持っている部分で、似ている相手なら標的にできると考えるのです。

逆に、「人気のある」「かっこいい」相手を狙ういじめっ子もいます。

そうすることで自分の権力を高く見せて、誰からもいじめられないようにしようという目的があるのでしょう。

もし、あなたがイジメを受けても


「自分はそんなことに屈しないぞ!」


という意思を表明すれば


相手はイジメることを


やめる可能性があります。